ここに紹介される Q&A は私的鑑定と正式鑑定サービスに対するものです。

 

よくある質問(親子鑑定)

       その答え

 

鑑定を受けたいのですが申し込みは?

 

ご住所、氏名をメールなり、電話でお教えください。これで登録です。次に¥4,000 振込みください説明書、申込書、サンプル採取キットをお送りします。1頁の説明書で必要なことはわかります。これでスタートします。尚、振込先は「申し込み」ページをご覧ください。一度は必ずお電話をいただきます

 

  サンプル採取は

 

送付する説明書に書いてあります。綿棒を口の中の「ほほ」にこすつけ粘膜を採取します。

 

  

   綿棒の保存は

 

綿棒は表面に粘膜を吸着させ、余計な水分を内部に吸収してくれる理想的な採取材料です。採取された粘膜はそのままの状態で、室温下、長期保存ができます

 

 

 

  髪の毛はサンプルとして適当ですか

 

刑事ドラマだとOKですが、簡単ではありません。ほとんどの場合DNAが採れません。難しいのです。その他

血液、*臍の緒精液胎児(中絶)、*病理標本、たばこのフィルター も受けつけますが、 これらの場合 、特別にDNA抽出料金 ¥21,000 余分にかかります

*保存状態に依存します

 

 

   親子鑑定の料金はいくらでしょうか

 

私的鑑定の場合43,200 (税込み)です。これは母、子、擬父の3人のケース。子、擬父の二人のケースは32,400(税込み)です。,

または、母、子の二人のケースです。子、男、母の人数が増える場合、1人あたり16,200(税込み)追加されます。この金額は綿棒を使った口腔内の粘膜採取に限ります

 

 結果の信頼性は? 日本人のデータベースを使ってますか ?

 

 親子鑑定の場合、生物学的に親子関係が否定された場合、その結果は信頼して良いといえます。(サンプルの汚染が無く、最終的な測定感度が十分得られたことを前提に)

 親子関係が肯定された場合肯定確率が使うデータベースによって異なります

 これは血液型を例にとれば解かるように、人種によってA,BOの出現率が異なります。DNAマーカーのアレルについてもこれと同じです

、日本人のアレル出現統計を基にした学会指定の、「出現率を使った鑑定結果をお伝えしています。ご安心下さい

 

 

 

 我が子でないと思うのですが、正式に実子取り消をする場合、どうしたらよいのですか?

 

 

@申請用の正式鑑定を行います。(母、子、自分の三人が一堂に会して鑑定のための必要な申し込書の作成、署名捺印、写真撮影、サンプル採取を、面接をしながら行います。)母が参加を拒否した場合は、子と自分だけで、同じように行います

A鑑定結果により、家庭裁判所を訪れ手続きを開始します。

B弁護士の選任をします。A、Bの順序はどちらでも。また、まず、家裁に行って、相談をするということも賢い選択肢です。

 

 

    この場合の料金は

 

正式鑑定料金¥64,800(税込み)です。母、子、自分(男)の場合、子自分(男)の場合59,400です。子、男が増える場合、一人あたり¥21,600 の追加となります。

このケースでは証人を必要としますので、関係者で証人が立てられない場合は、こちらから出張します。出張料金が実費で請求さます、また、出張日当(¥10,000から)も請求されます。あなたが選ぶ、 証人(鑑定参加者の誰にも利害がない方)による代 行も可能です。その場合、上記の追加費用はかかりません

 

 

      申し込みから結果報告までのステップは

       

@      まず、送付先住所をメールなり、電話なりで知らせていただきます

A     ¥4,000 を振り込みください。 採取キットを郵便送付します。これには申込書、説明書、結果例、返送用封筒が同封されています。振込先は

   「申し込み」のページをご覧ください

B      申込書と採取キットを返送していただきます

C      残りの代金を振込んでいただきます。振込先は先にお送りした説明書に記載されています

D      振り込み確認後、鑑定の検査に入ります

E      結果を郵送します。7−10日後。内容説明の説明書同封です。メールアドレス先へPDFファイルで送ることもできます。

 

 母が参加しない鑑定でも間違いない結果が得られますか

 

 

もちろん、問題なく、信頼のおける結果が出ます。通常、20種類のローカス(遺伝子座)のアレル(マーカー)を比較します。

各ローシ(ローカスの単数表現)について、子は母、父からそれぞれ一つずつ,アレルを遺伝しますが、三人の鑑定の場合、先ず子のアレルから、母から遺伝したアレルを除き、残ったアレル(絶対父性マーカー)が検査対象の男にあるかどうか対照します。

実子(生物学的に)であれば必ずアレルが一致します。

実子でなければ、20種類のローカスの検査で平均、3−10種類、子のアレルと男のアレルが一致しない結果が出ます

 さて、母なしの検査でも、男が子の実父(生物学的に)であれば、検査するすべてのローカスに同じアレルを見つけることができます。

 実父でなければ、必ず、一致しないローカスが複数、見つかるのです。

 

 結果はどのような報告書  ここをクリック

 

その他の質問は

株式会社 バイオロジカ
  名古屋市中区大須4-10-40
  Tel 052-262-6732

  biologica@biologica.co.jp  でお問い合わせください

Return