Biologica の略歴

 

 平成3年3月設立時の取り扱い商品

○ キャピラリーHPLCカラム(LC Packings)  

     DNA抽出キットGenomix(Talent)              

Genomix はその後、現在に至るまで、18年にわたり、コマーシャルラボで毎年1万サンプルの抽出実績,SNPs研究に貢献しています。   

 

 その後の展開 

                 

     DNA合成受託 プライシングリーダーとして貢献

     ぺプチド合成受託開始、高品質、低価格で高い市場占有度  

     抗体作成受託開始 (いずれもBio-Synthesis社製)

     DNA親子鑑定サービス 

                               

     蛋白質一次構造解析サービス開始 

          

○ DNAシーケンシングサービス開始、研究者向け MediGenomix)  

     NanoLC UltiMate販売  (LC Packings)             

     NanoSprayTip (NewObjective)                         

     Glass Tip (Proxeon)                           

     MS測定による同位体比 解析ソフト  IsoMatchweb   

○ IgY抗体製品販売  (GenWay) 

 

   バイオロジカの貢献

 

 

     DNA合成でのプライシングリーダーとして安価に供給する市場形成に貢献 

  ヒトのゲノムDNA抽出では5万件以上の抽出実績、「DNA多型と疾患」研究で貢献

  ペプチド、抗体作成サービスでは安価で高品質な製品の供給で、長年にわたって貢献しています。

プロティンシーケンサーによる蛋白質の一次構造解析で裕福でない研究室を支援

蛋白質の質量分析による解析では国内初のNanoLC販売でプロテオミクス研究者をアシスト

ESI/MSでのイオン化スプレーチップの初導入、販売

MALDI TOF/MS用のブロッテイング装置を初導入

一般大衆向けDNA親子鑑定サービスの低廉化に貢献          

 

  鑑定業務の責任者

                              

      穴原 精二郎(会社顧問)

   1970年 理化学機器輸入商社へ入社、セールスエンジニアとして、蛋白質の分離、精製、分析、の機器の販売に従事, 1991年 (有)バイオロジカ設立、DNA抽出キットGenomix,DNA合成、DNA解析サービス、蛋白質一次構造解析サービス, ペプチド合成、抗体作成サービス、その間、1997年、(株)バイオロジカへ変更、蛋白質の質量分析のための, NanoHPLC(LC Packings),同スプレーチップなどの輸入販売、DNA解析サービスの一般化、DNA鑑定へと展開、現在に至

  取得特許(蛋白質解析に関するもの数種類)、共著論文(蛋白質分析に関するもの数種類)

  モットー「会社は小さくても、他にないものを切れよくスマートに」「みっともないこと、恥ずかしいことはするな」

   DNA鑑定に関しての姿勢

   この仕事だけ、一般顧客対象、従来、アカデミアでの仕事ばかりであっただけに、面食らうことも多々あり。

  「この仕事はボランティア、品質良いものを、より低廉に、顧客にわかり易く報告」。

                                       Return