電気化学検出器(ECD)による糖の高感度分析

              Pulsed Amperometric Detection (PAD)

  Antec社の Decade ELITE 

 

従来の厄介さは払拭され高感度測定が実現しました…なぜ?

   Sencell の開発によるところが大です

   セルの組み立ては二つのユニットをスクリューアップするだけ

   セルの内部は一切、触る必要なし・・金電極を磨く場合でも電極に触りません

   セル内のスペース選択は特殊レンチでポジション1,2に合わせるだけ、人による締め付け調整誤差が出ません  電極間距離をミニマム設定できることで高感度に

   カラムからのPEEKチューブとセルからのアウトレットチューブの接続の人による締め付け誤差を排除

 

  再現性の維持に大切なこと

   Sencell恒温キャビネットはカラムオーブンの役割も備え、温度制御が正確でアップダウンのノイズを発生させません HPLCのカラムオーブンを排除します  これが再現性の良さにつながります

 

電子回路の感度貢献

   ADF機能(Advance filter function)S/N比を落とさずノイズ制御 これも高感度測定に貢献

 

 

  お奨めするカラム選択、溶出条件とECDの条件

 

 他社HPLCシステムとのコネクション例

 

        

       Adapter-kit for use with Coulochem II and III

     ESA社の Coulochem II, Coulochem III に Sencell  をつないで高感度測定を

               

                            ファラデー箱のなかのSencell

 

                                                     Home

 株式会社 バイオロジカ
   名古屋市中区大須4−10−40
052-262-6732    biologic@rr.iij4u.or.jp