忘れ去られる日本の旧き生活具、再発見

 

       卓袱台と七輪の組み合わせ、炭を熾し土鍋をかけ、ゆったりとした夕餉の時を楽しむ

 

材料を選び、昔の組み立て法で、金具を使わず、建具と轆轤の職人が協力し、華奢ながらもしっかりと美しく、和との調和性、そして機能性が自然で、軽く、壁に立てかけて収まりが良い、名付けて「茶部輪‐ちゃぶりん」を楽しんでいます。

 

                                     

               

                     炭がまっかに熾って鍋を沸かせています

      

          タモの柾目板3枚組                     七輪と土鍋

         

     脚は轆轤仕立て 金属釘は未使用 木釘          壁際に立てて収納 脚の折り込みは完璧         

                約70年前のオリジナルから復元しました

            寸法 七輪 炭 

            少し大きめの卓袱台七輪                        Home

             製造元  大蔵木工所  〒508-0011 岐阜県中津川市駒場1666-3300.

                   TEL 0573-66-7007. FAX 0573-66-7023.

                      MAIL: mokura@d1.dion.ne.jp.

           

                               株式会社 バイオロジカ内 穴原もお答えします。sanachan@hh.iij4u.or.jp

                                 TEL :052-262-6732